耐震構法SE構法

最先端の構造技術「耐震構法SE構法」

タイホウ建設が新築住宅で標準採用している構造技術が「耐震構法SE構法」です。
品質の安定した構造用集成材を特殊な「SE金物」によって強固に接合することで、木造ながら重量鉄骨造のような「ラーメン構造」の強さを発揮します。
その結果、在来木造や2×4のような一般の木造では不可能な大空間や大開口を安全に実現することが可能です。
また、その構造の安全性についても、「構造計算」を行うことで数値で明確に示されており、住宅性能表示制度の「耐震等級3(最高等級)」の耐震性能も可能となります。
直下型地震が噂される東京都内において、耐震性を高めることは当然です。この「耐震構法SE構法」は住宅の「安心・安全」に対し私たちが自信をもってご提案するためにも必要な技術と考えています。

「耐震構法SE構法」の構造計算とは

「耐震構造SE構法」の安全性については、高層ビルと同様の応力解析による構造計算を行うことによって、その安全性が立証されています。
設計者の勘と経験のみで構造躯体が決まる在来木造とは根本的に考え方が異なる設計手法です。
また、「完成保証システム」や「第三者工事検査」なども積極的に行っています。

 

 
お問合せはこちら

お問合せ 

プランニングなどの具体的なご相談はもちろん、資金計画や土地探しなどお気軽にお問合せください。 

TEL:0120-031-866 
お問い合わせはこちら


 

西大井町ショールーム
品川区二葉3丁目28